【ニートは派遣が受からない】は嘘!一発で受かる秘密教えます

ニートは派遣が受からないの結論を言えば、ニートでも派遣は受かりますし、実際にたくさんの人が現在就業しています。

受からない人には特徴が見られ、内定が難しい案件ばかりを応募しているのか、または受かる秘訣を実行していない可能性があります。

もう面接を受けるのは面倒だ」などと思うのであれば、是非この1ページで紹介しているコツを、実行してみてください。

内定をもらえる確率をグッと上げることができます。

本記事の内容

  • ニートは派遣が受かりにくいのか?
  • 一発で受かる秘訣とは?
  • 内定が難しい案件の特徴
  • 職歴に嘘はバレるもの?
  • 自信を持てば大丈夫

ニートは派遣が受かりにくいのか?

1.現在働いている方に比べると受かりにくい

「現在進行形で働いている方か?無職の期間が長い方か?」どちらか一人を採用する場合は、やはり現在進行形で働いている方の方が有利です。

しかしながら、製造業は現在人手不足などに頭を抱える職場も多いために、残りの採用枠が一人だけであるという確率は低いです。

こうした背景から、ニートだからと言って派遣が受かりにくいとは一概には言えず、人気のお仕事の場合は劣勢となりやすくなります。

2.経験者の場合はプラス評価となる

ニートであっても製造経験が豊富であったり、期間工を長年務めた実績などがある方は、長く働いてくれる可能性があると判断され、プラス評価となりやすいです。


これは製造経験に限らず、一つの職業を長年務めて少しの休憩期間を設けている方などは、マイナス評価に結びつくことも少ないです。


ニートだから何かネガティブな評価をされやすいというよりは、経歴などの総合評価で内定が決まることが多いです。


関連記事:フリーターで月収30万円稼ぐたった1つの方法【やめたい人向け】

一発で受かる秘訣とは?

1.真面目に面接を受けること

まず大前提として、就業意欲が高いことをアピールしなければならないわけですが、派遣面接の場合は就業意欲が見られない方も多くいます。

例えば、タバコを吸ってリモート面接を受ける方や、運転中にリモート面接を受ける方など、態度が良くないと見なされることは不採用の確立をグッと高めます。

真面目に最低限のマナーを守った上で面接に挑まなければ、一発で受かる可能性をグッと下げてしまうことを理解しておきましょう。

2.就業意欲が高いアピールをする

派遣面接となれば、面接官の一方的な質問に答えることが一般的なので、アピールできないまま終わってしまうことが一般的です。

特にニート期間が長い方になれば、アピールすることで自分の長所や魅力を伝えることができれば、職歴でのマイナスポイントを埋めることも可能です。

派遣面接はアピール時間を設けていないために、自らアピールすることで大きな評価アップへと繋がることも期待できます。

3.こだわりを持ちすぎない

就業条件に対してこだわりを持ちすぎると、応募しても良い案件自体が減ってしまうので、結果的に自分自身を苦しめることになりかねません。

そうではなくて、優先順位をつけてこれだけは絶対に譲れないものを見つけ、複数のお仕事に応募してみましょう。

一気に応募することで、採用率を上げることも可能ですし、今の時代はリモート面接が基本なので一日で終わらせることもできます。

一つ一つ応募するというよりは、条件を緩和して複数の求人に応募してみましょう。

内定が難しい案件の特徴

1.体力勝負のお仕事

体力勝負のお仕事は、基本的に体力がある方を必須条件としている企業が多いため、ニート期間が長かれば長いほど不利になりやすいです。

ちなみに体力勝負のお仕事とは、動き回ることが多い職場や、重量物を取り扱う職場となります。

これらの職場の場合、面接の際に「こんなお仕事ですが大丈夫でしょうか?」などの確認がありますので、そちらで確認してみるのもいいでしょう。

万が一確認が無い派遣会社の場合は、自ら質問することで見分ける必要があります。

2.枠が少ない人気の案件

枠が少ない人気案件とは、残りの採用枠が少ないのに対して応募数が多い案件となります。

具体的には期間限定の高時給案件や、高時給の事務職などが当てはまりやすく、こうしたお仕事は経験豊富である方などが優位となります。

応募企業が選べる立場となりやすい人気案件に関しては、かなり審査なども厳しくなりやすいために、ニート期間が長い方は特に受かりにくい案件です。

3.高時給のお仕事

高時給のお仕事は人気になりやすいこともありますが、何より高時給であるがゆえに採用基準が高く、ニート歴など関係なく不採用となりやすいです。

もちろん、かなり厳しい条件を求められているわけではありませんが、高時給とは言えない案件と比べると、やはり採用基準は高いお仕事が多くなります。

ちなみに、製造業の場合は高時給のお仕事でも未経験者OKの場合が多いために、ニートの方でも他業種に比べると採用率は高いと想定できます。

関連記事:【大量募集が危険は本当?】見分け方や落ちる人の特徴など5個

職歴に嘘はバレるもの?

1.怪しまれる可能性がある

職歴で嘘の申告をしてしまった場合、質問や仕草などの細かな部分から怪しまれれてしまう可能性があり、不採用とされてしまうこともあります。

上手に嘘を付ける方はバレない可能性も高いかもしれませんが、どちらにしても嘘はリスクが伴います。

ニートであることを隠したいのであれば、隠すのではなく他のアピールポイントをしっかりと伝えることに徹底する方が、リスクは低いと言えます。

2.在籍歴の嘘はバレる

二年前に同じ職場で働いていた過去があったにもかかわらず、働いたことがありませんと申告してしまうと、その申告は基本的にはバレます。


会社側もこうしたデータを保管していますので、過去に働いていたことが発覚した場合は、不採用とされることもしばし見られます。


在籍歴はあるかの質問に対しては、正直に答える方がメリットも多く、他の案件を紹介してくれるなどのプラスな方向に働きやすいです。


補足としては、在籍歴があったから必ず不採用となるわけではなく、就業先の規定などにより不採用となってしまうことがあるということです。

自信を持てば大丈夫

ニートが派遣で受かることは可能ですし、受からないなんてことはありませんので、自信をもって面接に挑めば大丈夫です。


あまりにも求める条件が細かすぎたりすれば、マッチングするお仕事自体が無くなってしまうこともあるので、条件はほどほどに緩和しておきましょう。


また、今すぐ就業したいという意欲が高い人は、複数のお仕事に応募することで採用率を上げることもオススメします。


今の派遣面接は、リモート面接の履歴書不要で大丈夫な会社も多いために、30分ほど面接を受けて終わりという一連の流れとなります。


昔と違い、現地まで行く必要などもありませんので、気楽に複数受けてみるといいでしょう。



関連する記事

 
 
時給2100円、祝金100万円、寮費無料
などの、豪華特典高時給求人はコチラ