工場で働く人の特徴|性格・年収・向き不向きまとめ【完全版】

工場で働く人に対して、ネットでは様々な声が挙げられていますが、これらは全て一部の声であることは間違いありません。

そんな中でも、工場で働く人は真面目な人が多い特徴があり、そちらについては記事中でしっかりとご紹介していきます。

この記事では、派遣のプロでもあるフジアルテが工場で働く人はどのような人が多いのか、傾向などをまとめています。

この1ページを読むことで、工場で働く人の本当の特徴や傾向が見えてくることは間違いありません。

本記事の内容

  • 工場で働く人の特徴
  • どんな性格が多い?
  • 年収面での特徴・傾向は?
  • 向いている人の特徴
  • 向いていない人の特徴
  • Q&A「ネットの噂・本当なの?」
  • 工場で働く人は「真面目な人が多い」

工場で働く人の特徴

1.体力がある人が多い

工場で働く人の一番の特徴としては、体力がある人が多いことです。体力と言っても、ただ体力自慢であるだけではありません。

特に、若い人ほど体力自慢な方が多いことは言うまでもありませんが、夜勤明けでも元気に動けたり、睡眠時間が少なくても大丈夫な方などもいます。

工場は基本的に体力が必要となりますのが、働くことで体が鍛えられた結果、体力が付いてくる人もたくさんいます。

仕事内容にもよりますが、決められた範囲内を動くことが多い工場の仕事では、体力や筋力がある程度付きやすい環境となっています。

2.立ち仕事が好き

オフィスワークよりも立ち仕事が好きな方も多く、じっと座っているのが苦手であったり、パソコン業務が苦手など理由は様々です。


立ち作業に慣れている方とも言い換えることができますが、立ち作業に慣れている方は、転職の際にも自然と類似の仕事を選びがちです。


そうした経験を活かそうとする心理からも、立ち仕事が好きであったり得意な方が工場で働くことになりやすいです。


注意点としては、工場でも座り仕事の仕事もたくさんありますので、工場=必ずしも立ち作業とは思いこまないことです。


関連記事:製造業やめとけ派と向いている人の違い|やりがいと今後7選

どんな性格が多い?

1.社交的な人が多い

社交的な性格の人が多く、飲み会や個人同士でのやり取りなどが比較的多いことが特徴的です。

最近では、仕事とプライベートを切り分ける方が多くなっていますが、工場の場合、上司との距離感なども少し近い職場も目立ちます。

もちろん職場によりそれぞれですが、体育会系の上司やポジティブで明るい上司など、社交的な方に見られやすい性格の方が多いです。

2.コミュニーケーションが得意

コミュニケーションが得意な方も多いですが、工場の場合はどちらかと言えば極端なパターンが見られやすいです。

もの凄く得意な方もいれば、もの凄く苦手な方もいるような二極化パターンが特徴的と言えますが、基本的にコミュニケーション能力は高くなりやすいです。

安全確認などの際に、声掛けをする必要も出てくることから接点が増え、会話するきっかけが多くなりやすいことも工場の特徴です。

年収面での特徴・傾向は?

1.いきなり高収入が多い

工場はトヨタなど世界で活躍するメーカーがたくさんあるため、初年度から高年収を貰えることが多く、稼げることが特徴的です。

例えば、実際のトヨタ自動車の求人の場合は時給2100円~、年収例は日勤専属でも550万円を軽く超えることからも、稼ぎたい人におすすめです。

また地方の田舎となれば、人手不足から人材確保のために寮費無料などの特典を付けていることが多いです。

大手メーカーであれば年収面や福利厚生なども充実しやすく、未経験からいきなり稼げることが年収面での特徴です。

2.工場のお給料面での傾向は?

製造業全体に言えることですが、どんどんと平均時給が上がっています。それに伴い、高収入な案件が非常に多くなっています。

人手不足による稼働不足が不安視されている業界だけに、どんどんと時給を上げて人手を確保しようとする動きが現在活発です。

最近では時給2000円を超えるお仕事も、以前に比べると多く見られるようになりました。

関連記事:時給2000円ってどんな仕事?【高いと断言できる2つの理由】

向いている人の特徴

1.コツコツ作業が好きな人

コツコツ作業が好きな人は工場に向いており、コツコツと同じような作業を繰り返すことが多い工場勤務だけに、長続きもしやすいです。

また集中力が途切れにくいために、ミスや作業効率を下げることなく淡々と作業をこなすことが可能です。

工場は慣れるまでは同じ工程を任されることが一般的で、慣れると様々な工程を任されるようになるため、それまではコツコツ作業が続くことが一般的です。

2.リズム感のある人

工場で働くためにはリズム感も大切で、一定のリズムで淡々と作業をこなすことができれば、特にライン作業の達人となれます。

そのためには経験と集中力が必要となってきますので、工場で働く人や向いている人は、実は長時間の集中力を維持する能力に長けている方が多いです。

一定のリズム感は経験を積めば体が自然に覚えるものですので、未経験の方でも経験を済めば、体にリズム感を覚えさえることが可能です。

向いていない人の特徴

1.飽き性な人

工場はどうしても同じ作業を繰り返す、コツコツ作業が多くなるために、飽きるスピードが速い特徴が見られます。


飽き性な人は工場で働くことに対して、つまらない感情ややりがいを感じないなどのネガティブな感情を抱きやすいです。


様々な刺激が欲しかったり、チャレンジ精神が旺盛な人は、どちらかと言えば工場に向いていない方に分類できます。

2.立ち作業が苦手な人

立ち作業が苦手な方は、座り作業がメインの職種が向いています。もちろん工場でも座り作業メインの仕事はあります。


しかしながら、工場長など昇格するごとに多くの工程を任されるようになるため、将来的には立ち作業がメインになることが想定されます。


工場で長く働くのであれば、ずっと座り作業の工程で仕事をすることは考えにくく、様々な業務を任されるようになっていきます。

Q&A「ネットの噂・本当なの?」

1.工場はかなりキツイって本当?

職場によるとしか言いようがありません。工場に限らず、精神的や体力的にキツイ仕事は世の中にたくさんあります。


工場の場合、どうしても体力が必要になってくることからキツイイメージを持たれがちですが、そうした工程は納得のいく時給に設定されています。


空調完備されていない職場や、力仕事が多い職場はキツイと感じることも多くなりますが、軽作業や重量物取り扱いナシのお仕事は、イメージとは真逆の仕事も数多くあります。

2.性格が悪い人が多いって本当?

こちらも職場によるとしか言いようがありません。大手メーカー企業の工場であれば、しっかりと人材育成にも力を入れています。


よくあるパターンとしては、工程勤務の夜勤の時間帯にトラブルが起こってしまうことや、少しキツイいい方になってしまうことです。


慣れないうちは特に、朝方は眠気や疲れなどからカッとしやすい時間帯となった結果、少し荒い言葉を使ってしまう人も中にはいます。

工場で働く人は「真面目な人が多い」

工場で働く人は真面目な人が多いです。ライン作業など、一度でもさぼると業務に大変な遅れが生じることから、ある意味逃げ道がないのが工場勤務です。


デスクワークなどの場合は、納期までに間に合わせればスピード感なども調整できますが、工場勤務はそうしたこともできません。


だからこそ、工場で働く人は真面目にコツコツと作業ができることが必須条件であり、真面目な人が多いと言えるのです。


すぐに辞めてしまう人もいますが、ここで言う真面目な人とは仕事が続いていることのことを指します。


自分は仕事に対して真面目だと評価している人は、一度工場で働くこと考えてみるのもいいでしょう。



関連する記事


 
 
時給2100円、祝金100万円、寮費無料
などの、豪華特典高時給求人はコチラ