検品作業のコツと60秒で覚えれる秘訣5選

要領が悪い、仕事が覚えれない、効率化を図りたい」検品作業はこうした悩みを持つ人が意外と多く、単純作業なはずなのに仕事を覚えることができない...と、頭を悩ませる人も珍しくありません。


はっきりと言いますが、検品作業のコツはそれほど難しいものでもなく、あなたが覚えたいとの気持ちがある場合は 60秒あれば覚えることができます


以下に、検品作業のコツと担当者だから知る秘訣をお伝えしていきますので、じっくりと読み進めていきましょう。誰でもできる方法なので、気楽に読み進めてみてください。


本記事の内容

  • 検品ミス=クレーム対象
  • 絶対身につくコツ5つ
  • 一連の流れまとめ

検品ミス=クレーム対象

まず知って欲しいことは、検品作業でのミスはクレームに直接結びつきやすく、ミスが非常にはっきりと分かってしまう職種ということです。だからこそ、検品作業で働くあなたはミスをなるべく減らさなければなりません。


検品作業は主に、「良品、軽量検品、作動検品、電化製品、開梱検品、混入検品」といった種類に分かれますが、基本的に検品作業はどの種類でも覚え方のコツは同じです。


もしもあなたが検品が覚えれないとか、ミスが多いといった不安をお持ちなのであれば、ぜひ以下にご紹介するコツと対処法を実行してみてください。

☑検品作業を行う上で大切なこと

検品作業を行う上で心がけるべきことは、「焦らないこと」です。検品といえば流れ作業なので、つい焦ってしまいがちですが、これは検品作業に当たる上で最も行ってはいけない行為と覚えてください。


分からないことがある場合は、一度手を止めてでもしっかりと聞くことです。そして正しいノウハウを確立させることで仕事に取り組んでいくことが、今後のあなたの能力を高めていくことにも繋がります。


注意点としては、研修期間にこれができれば何の問題もないのですが、研修期間が終わってから聞いてしまう人がいることです。こうした場合は、「一応確認しておきたい」と予防線を張った上で、理解できるまできちんと質問することにしましょう。


※ここまで読み進めた上で自分は向いていないと感じた人は、一度転職を考えてみるのもありです。

絶対身につくコツ5つ

1.素直に受け入れる

コツとして最も大事なのが素直に受け入れることです。素直になることができなければ、どれだけ初期能力が高い人でも仕事を覚えることができませんし、やがて抜かされることになります。


検品作業の場合なら、仕事を覚えている人にアドバイスをもらうと素直にそれを受け入れてください。仕事を覚えれない人ほどよく、「自分が正しい、何が間違っているのか分からない」と指摘を否定しがちです。


そうではなく、検品作業のコツをいち早く覚えたい場合は、まずは素直に受け入れて行動に移すことです。素直に行動に移した後に、自己流のやりやすい作業パターンを取り入れていく流れを作りましょう。


簡単に言ってしまえば、多くの人に共通するコツを素直に取り入れた後に、自分がやりやすいコツを取り入れて自己流にしていくのです。これさえできれば、どんな仕事においても素早くコツを覚えることができ、仕事を覚えるのが速い人になることも可能です。

2.準備を怠らない

検品作業には必ずチェック事項があるはずです。仕事に取り組む前に、まずは自分が思い込んでいるチェック事項と、本当のチェック事項が一致しているかも確かめておきましょう。


またチェック事項には、一連の流れやルールなどが記載されている場合もありますので、そちらもしっかりと確認しておいてください。決して自分の中での答えを勝手に決めつけないように。

3.決まった流れを作る

検品作業は基本的に同じ作業の繰り返しとなるので、ステップ1ステップ2のような自分流の説明書を作ってみましょう。これができれば、かなりスムーズに仕事に取り掛かることができます。よりイメージしやすいように、以下に具体的な流れをまとめておきます。


1.汚れ傷と凹みの確認→2.シールチェック→3.中身の確認


上記では3つのステップで紹介していますが、このように1.2.3の手順できっちり作業を進めていくことが重要です。なぜなら2.1.3の手順を途中で入れてしまうと、頭の中が混乱してしまうからです。


検品作業でよくミスをしてしまう人ほど、必ずと言ってもいいほどこの手順が決まっていなかったりするものなので、必ずあなたの中での手順説明書を作成し、その通りに作業を行っていくようにしましょう。

4.目標を立てる

検品作業に慣れてくると、次は自分の中での目標設定を作ってみましょう。3分で1個といった具合に目標設定を立てることで、自分のペースが作りやすくなり、自分のペースを作ることは検品作業ではとても重要で、一定のスピードで仕事量をこなすことができれば、一日のおよその数やスケジュールも組みやすくなります。


そして何より、自分のペースで検品を進めていくことが、あなたにとっても仕事を楽にする方法となるからです。検品の初めのうちは仕事に追われてきついと感じるかもしれませんが、慣れてしまえば数秒の休憩時間を作ることも可能です。


注意点としては、ただ早いだけでは意味がありません。正確な速さが求められる作業ですから、一つ一つ丁寧にこなしつつスピードを出していけるように心がけるようにしましょう。

5.複雑に考えない

検品作業を最も難しくしてしまうのがこれです。物事を複雑に考えてしまう人は、何に対しても常に心に不安を抱きがちで、「これでいいのかな?」「これで合ってるのかな?」と、不安に思いがちです。


このタイプの人の問題点としては、物事を1から100まで全て完璧に覚えようとしており、このような覚え方をしてしまえば、頭が整理できないのは当然のこととなります。


検品作業をスムーズに覚えるコツとしては、必ず物事を簡潔に考える癖をつけてください。簡潔に覚える癖とは、重点のみをきちんと覚えておくことです。


難しい部分だけをきちんと整理し覚えておくことができれば、後は数回作業をしてしまえば覚えれるような作業ばかりですから、物事を複雑に覚えようとする癖を今すぐ改善すべきです。

一連の流れまとめ

検品作業のコツを覚えるにあたって、優先順位をつけておくことをおすすめします。今の自分はどの段階なのかをまずはチェックしてみてください。
 

1.素直に指導を受け入れてるかどうか?
2.作業前に確認事項をチェックしているか?
3.自分流の一連の作業順序を確立しているか?
4.目標設定を設けているかどうか?
5.物事を単純に理解しようとしているか?


上記の5つのコツをクリアできている場合、後は作業量を増やして慣れていくのみです。経験がものをいう世界でもありますから、歴が長いほど仕事の質が向上していく職種と言えるでしょう。


もう一度警告しておきますが、検品作業はクレームに直結してしまうとても大事な部分です。だからこそ、確信がないまま仕事を進めるのだけは避けてください。


量をこなす仕事でもあるため、一度間違った認識で仕事に取り組んでしまえば、全てが返品となってしまう可能性があることも、きちんと理解しておきたいところです。


関連する記事

塗装工に向いている人の特徴5選|ヤンキーが多い真相とは?
塗装工の実態について

クレーンオペレーターに向いてるセンスのある人の特徴5選
クレーンオペレーターの実態について

【単調な仕事や作業がしたい人へ】魅力・メリットデメリット9選
単調な仕事の実態について

研磨加工と研削加工の違い|特徴と仕事内容一覧
研磨研削加工の実態について

フォークリフトの種類と免許|給料と将来性は?【完全版】
フォークリフトの実態について

二交代制の生活リズムとシフト例|メリットデメリット6選
二交代制の実態について


≪入社特典70万/年収472万など≫超豪華特典付き求人はこちら!