派遣社員が仕事を覚える最も簡単な4の方法 

仕事を覚えれないことは辛いことです。仕事を覚えれないデメリットは数多く存在し、中でも最も恐れることはクビになることでしょう。まずは以下に仕事を覚えれないデメリットを載せておきます。


・職場の人間関係が悪化しやすい
・陰口や邪魔者扱いの対象になりやすい
・マイナス思考に陥り精神的疲労が大きい
・仕事が長く続かない
・後輩や同期に大きく差をつけられてしまう


5つのデメリットを見ただけでも、仕事をしたくないと思える人もたくさんいることでしょう。そんなあなたも、今回の記事を読み進めていくことができれば、仕事を覚えるコツを知り覚えるスピードを速くさせることができます。


本記事の内容

  • 解雇になる前に
  • 【超重要】まずは原因を知る
  • 仕事を最も簡単に覚える方法4つ
  • 一つ一つ確実の精神で

解雇になる前に

1.覚えが遅い=ダウン評価

派遣社員は現在、正社員として昇格する人の数も増加傾向にあり、今や派遣から能力のある人材を直接雇用する企業も少なくありません。しかしながら仕事を覚える人ほど昇格スピードも遅く、中には継続的にお仕事を続けられない人もいます。


これは雇用形態に限った話ではありませんが、仕事を覚えるスピードが遅い人は周りに置いて行かれた結果、孤立してしまうことが非常に多いです。ちなみに孤立してしまうということは、仕事を辞める原因にもなる可能性が高いことは言うまでもありません。


ここまで読み進めたあなたは、仕事を覚えれないことのリスクが理解できたことでしょう。リスクを理解できたあなたは、以下の原因にお進みください。原因を知ることは自分を知ることであり、仕事を覚える人になるための最も早い近道となります。

【超重要】まずは原因を知る

1.素直さがない

仕事を覚えられない原因として最も多いのが、素直さがないがゆえに仕事を覚えることができないことです。なぜ”素直さ”が記憶力と直結するのでしょうか?理由はとても簡単で、素直な人ほど指摘を否定するからです。以下に素直さがない人ほど、仕事を覚えるスピードが遅い理由をまとめておきます。


指摘を素直に受け入れられない=仕事をミスする確率があがってしまう→指導者は否定された気持ちになる=放置プレイをしようと思い込んでしまう。


素直さがない人には、プライドが高いなどの共通点もみられることから、上司に好かれにくいといった共通点もあるので、素直さがないとか頑固である、人の話を聞かないなどと指摘された過去がある人は、今すぐ自分を改める必要があります。

2.自己解決してしまう

自己解決をしてしまう人とは、これでいいだろうと自分の中で勝手に正解を出してしまう人のことです。これをしてしまうと、会社に大きな迷惑をかけてしまうことに繋がりかねません。こうした人の傾向も以下にまとめることにしましょう。


・忙しそうだからと自己解決してしまった
・仕事に責任感を持っていない
・コミュニケーション能力が著しく乏しい


このような傾向がありますが、いずれにしても自己解決するのではなく、必ず分からないときには質問する癖をつけるようにしてください。

3.何らかの疑い

数ある中の疑いでも、アスペルガー症候群は仕事を覚えることが困難な症状として有名です。こちらの場合は、専門医に相談しつつ天職を探すのが最も有効な方法となります。一般的に、アスペルガーの方は集中力が長所であることからも、向いている仕事は以下のような仕事であるといわれています。


コンピュータープログラマー、ウェブデザイナー、ゲームデザイナー、CGアニメーター広告デザイナー、工業デザイナー建物や工場の設備整備エンジニアカメラマン、ジャーナリスト、校正者翻訳者、通訳者動物調教師、楽器の調律師事務、書類管理研究者、技術者、学者、アナリスト

仕事を最も確実に覚える方法4つ

1.質問癖をつける

質問癖をつけろと言われると、「面倒なやつと思われそう」「自分で考えろと思われそう」など思うかもしれません。はっきりと断言しますが、分からないことを質問しないことこそが、一番の面倒であると覚えておいてください。


分からないままミスをしてしまうことで、後処理や責任を取らされるのは常に上司であるからです。もちろん、あなたが入社期間が1年以上過ぎているなど、特殊なケースの場合はあなたに責任問題がいくことでしょうが、特に研修期間の方にとっては、上司が責任を取るのが一般的です。


だからこそ、研修期間のあなたは今がチャンスとの認識を持ち、分からないことがあればすぐに質問をする癖をつけてください。しっかりと質問をすることは、やる気があると高評価に繋がる行動ですか、遠慮することはありません。

2.書くかメモする

こちらは多く語る必要はないかと思います。一度質問したことを再び質問してしまうことは失礼ですし、何度も同じ質問をすることでトラブルの原因ともなりかねません。


頭だけで理解できにくいことを質問した際には、メモを取るかPCスマホでしっかりと一連の流れを保存しておくことを心がけましょう。多少時間がかかっても大丈夫です。最初は上司も分からなかったはずですから、理解できるまでじっくりと質問をし、きちんとメモを取りましょう。

3.物事を自分事で捉える

物事を自分事でとらえることは、自分自身が成長するにあたって欠かせないことです。自分事でとらえるとは、簡単に言えば「自分が責任者である」と思い全ての物事をとらえるということです。


例えば、自分の会社を経営している人は他人事で物事をとらえません。これは自分の会社だからだと言えばそれまでですが、経営者の方々は必ずと言っていいほど物事を自分事でとらえています。


他人事でとらえてしまう人は、「どうせ自分の責任問題にならない」と適当に物事をとらえてしまった結果、仕事を覚えるスピードや疑問に思うことがなくなってしまうというわけなんですね。


物事を自分事でとらえるためには、まずは他人のせいにしないことです。どんな悪いことが起こっても、自分にも責任があると自分事で物事をとらえて、反省と改善を試みる考えを癖づけてみてください。

4.重点のみを覚える

相手の話を1から100まで覚えようとする人がいますが、こうした人は高確率で仕事を覚えるスピードが遅い人です。なぜなら、人は1から100まで話を理解することがほぼ不可能であるからです。


もっと簡単に言ってしまえば、意味のない部分にまでこだわり抜いて考えてしまう結果、頭の中で話を整理することができないというなんですね。


もしもあなたが仕事をいち早く覚えたいのであれば、難しい部分だけ覚えるように心がけてください。そしてあとは、手順をきちんと頭の中で整理さえしてしまえば、物事を複雑に考えることもありません。


できるだけシンプルで簡潔に覚えるよう心掛け、あなたの頭の中で話をより複雑にしてしまわないようにすることで、どんな仕事に対しても常にあなたは頭の中をきちんと整理して、仕事に当たることができるはずです。

一つ一つ確実の精神で

仕事は一つ一つを丁寧に覚えていけばよく、間違っても一気に覚えようなんて思わないことです。そんなことをしてしまえば、間違いなくあなたの頭はパンクしてしまいます。


ゆっくりでいいので、一つ一つ確実に覚えていき焦らないでください。そして分からないことはすぐに質問し、すぐに質問できるような関係を職場で築くことです。


普段からコミュニケーションを大切にしていれば、質問することもかなり気楽になることでしょう。あなたはあなたらしく、一歩一歩確実に成長していってください。


関連する記事

自動車製造業の年収や仕事内容|今後の将来性を暴露します
自動車製造業の実態について

男が多い職場の特徴/向いてる性格傾向8個
男が多い職場の実態について

機械オペレーターはつまらないのか?楽と思う人との違い4選
機械オペレーターの実態について

働きやすい工場は環境づくりと人間関係が重要な理由8選
働きやすい工場の実態について

【自動車工場のきつい部分5個】魅力とメリットデメリットとは?
自動車工場の実態について

検品作業のコツと60秒で覚えれる秘訣5選
検品作業の実態について


≪入社特典70万/年収472万など≫超豪華特典付き求人はこちら!