フジアルテのスタッフを経て、現在はダイキン工業株式会社滋賀工場で正社員として活躍されている先輩にインタビューを行いました。
ぜひ、メーカーでの正社員を目指す皆さんには参考にしていただきたい、成功の秘訣をご紹介します。

先輩社員インタビュー【正社員へのキャリアアップの道】Vol.3

◆お名前◆山元 隆弘さん 
◆年 齢◆31歳 
◆所 属◆ダイキン工業株式会社 滋賀製作所 製造第二課
◆ダイキン工業入社年◆2012年
◆フジアルテ在籍期間◆2003年〜2009年

※所属・年齢は取材当時

入社〜フジアルテ時代のこと 『特別これがしたいとあまり考えていなかったけれど、入ってみたら楽しい仲間に恵まれた』

19歳のとき、短期のアルバイトを繰り返していて、特別これがしたい、とは正直あまり考えていませんでした、若かったですね。
地元で掲載されている求人誌を見て、正直収入面や待遇にもひかれましたが、
ここだったら頑張れるんじゃないかと思って応募しました。
実際、最初は慣れるまでは大変でした。
覚えることがたくさんあって、ラインのスピードにもついていかなければならないし、残業も多くなってくると、帰るときはふらふらでした。
でも、慣れてくるとできることが多くなってきて、
友達もできて、楽しかったですね。
当時のフジアルテの仲間や上司にも感謝しています。
楽しい仲間に恵まれましたね。

ダイキン直接雇用へのきっかけ 『自分自身が楽しいと感じて、成長できるのはここだと確信』

リーマンショックの際に一度フジアルテは退職したのですが、2012年にやっぱり自分が成長できるのはここしかない、と思ってダイキンの有期間社員で入社しました。
フジアルテ時代にいろいろ学んだことを社員として活かしたいと思ったし、
職場環境面が何よりもよくて、働くのが本当に楽しかった。
ダイキンで仕事をしてやっぱりここで仕事できてよかったなと実感しているし、日々日々自分自身も成長を感じています。

現在の仕事のやりがい 『今は、「もっとやろう、もっとやろう!」と意欲的に。認められることが成長の糧に。』

初めは簡単なことから始まり、どんどんできることが増えてくるようになった。
ダイキンでは、成長が目に見えてわかる「スキルパスポート」というものがあります。
成長に応じてシールを貼るシステムで、成長が目で見てわかるようになっています。
そのシールが増えて互いに褒めあう環境があって、それがすごくいいと思います。
会社にいるのがぜんぜん苦にならない。
認められることが嬉しいし、ほめてもらえると「もっとやろう、もっとやろう!」と思えるんです。
それが今でもやりがいにつながっています。

今後の目標や将来の夢 『今までがむしゃらにやってきた。これからも追い付け追い越せで挑戦したい。』

自分のやっていることが正しいかどうかはわからないけれど、ただ、思い1つでがむしゃらにやってきました。
フジアルテでお世話になった方々を目指しているし、
今までいっしょにがんばってきた仲間も追い付け追い越せで、
皆さんを超えられるよう上を目指してこれからも挑戦し続けたいと思っています。

今後派遣スタッフから正社員を目指される方へのメッセージ 『一生懸命に頑張れる人、自分の思いを持っている方に期待。』

自分も派遣スタッフで一からがむしゃらに頑張ってきました。
ほんとに気持ち一つだけ。
自分と同じように、そういう強い思いを持った方に期待したいし、迎え入れたい。
正社員になって求められることはたくさんあるけれど、今まで自分がいた、学んできた環境や仲間、上司に感謝して一生懸命に頑張ってほしい。
自分も全力で応援します!


お電話でのお申し込みは0120-666-526

無料登録相談会へ参加する