キャリア

製造系の勤務ってどれくらい稼げるの? 年代別の年収を確認してみましょう!!

どのような仕事に就くにしろ、誰もが気になる給与。
できるだけ多くもらえるに越したことはないですよね。
だからと言って、過酷な労働を強いられるような仕事だと、使う機会もなくなってしまいます。
仕事と私生活のバランスを上手にとって、充実した日々を過ごせるようにしませんか。

今回は、製造系に興味を抱かれている方に向けて、年代別の年収についてお伝えします。
この記事を参考に、製造系で働いた時の自分の生活がどうなるかを考えてみてはいかがでしょうか。

【20代の年収】

20代で製造系に勤めている人の年収を平均すると、300~400万円となります。
高卒で勤務されている方の場合は少し低くなるため、上の数字は大まかな目安としてとらえてください。
他の業界と比べると、比較的高いかもしれませんね。

肉体労働が基本となる分、給与や福利厚生などの待遇面は充実しています。
給与だけでなく、どのような待遇を受けられるかについても見ながら仕事を探してください。
製造系では、重労働になるほど給与も高くなります。

車の組み立てをするような会社では、20代でも手取り額が30万円に達することもあるそうです。
最初は大変かもしれませんが、そこを若さでカバーできれば、年を重ねるにつれて体力が落ちていっても、技術面で仕事をこなせるようになるでしょう。
若い時であれば、どのような仕事でも挑戦できます。
あえて重労働の仕事に就いて、最初の辛さを少しずつ回収できるような働き方もしてみてはいかがでしょうか。

【30代の年収】

30代で製造系に勤めている人の年収を平均すると、300~500万円となります。
20代の頃よりも年収に差が広がり始めました。
その理由として考えられるのは、労働の内容の違いです。

楽な仕事であれば20代と年収が大きく変わる事もないでしょう。
その分、安定して働けるのは大きな魅力ですよね。
重労働な職場は年収も上がりますが、体に疲れが残りやすくなるころです。
体のケアを怠らないようにしてください。

30代にもなると、このように働き方に長所と短所が出てきます。
20代の頃は給与目当てで仕事を選ぶことも問題ありますが、数十年と勤める場合は、将来のことも考えておきましょう。
40代、50代にもなると、転職できるところの選択肢が狭まります。
もし、今の仕事を辛いと感じるようであれば、30代のうちに転職ができるようにしておきましょう。

【年収を上げたいなら】

給与を上げるために必要な要素としては、技術力が挙げられます。
「こういう技術を持っている人じゃないとできない仕事」があれば、給与も高くなるでしょう。
しかし、そう簡単には技術力を身に着けられませんよね。

そこでオススメするのが資格の取得です。
製造系では、資格の有無が収入に反映される場合があります。
職場によっては資格手当が設けられているため、資格が一つあれば手取り金額が1~2万円程度上がるのです。
一度、資格の取得を視野に入れてみてはいかがでしょうか。

また、資格の種類によっては、職場が講習費を負担してくれることもあります。
仕事や職場に必要な資格を一人でも持つ人が増えれば、会社ができる仕事の幅が広がりますよね。
年収を上げたい方は、先輩や上司に職場で重宝する資格について聞いて、その資格の取得を目指しませんか。

今回は、製造系に興味を抱かれている方に向けて、年代別の年収についてご紹介しました。
年収を上げるためには、技術力が必要です。
同じ職場に長く勤めれば、その分、知識や技術が身に着きます。

その力を企業で発揮してくれる対価として、企業はあなたに給与を支払うのです。
このことを頭に入れて、仕事に勤めたり、資格取得に努めてみたりしてはいかがでしょうか。
年収を上げて、より充実した生活ができるようにしませんか。

工場のお仕事探すなら「しごとアルテ」

しごとアルテLINE@はコチラ!

関連記事

  1. 知らないと損!製造系求人のおいしいポイントまとめ
  2. 製造系勤務の中でも安定した雇用が欲しい人必見!! 化学系製造業の…
  3. 工場勤務の派遣でスグに働きたい人必見!! 面接のコツをお伝えしま…
  4. 工場への勤務が不安?工場勤務の際の注意点などを紹介
  5. 工場勤務の夜勤で変わってしまった生活習慣!! 体調を崩さないため…
  6. 仕事にワクワクを!自分に合った「経営理念」を見つけよう!
  7. 派遣でも残業代を受け取れるのか?無期雇用の仕組みやメリットも
  8. 結束力の強い会社とは?フジアルテの経営理念をご紹介します!
PAGE TOP