キャリア

無期雇用派遣とは?メリット・デメリットも分かりやすく解説!

「無期雇用派遣」という働き方をご存じでしょうか。
聞いたことはあっても、あまり詳しくは知らないという方も多くいるかと思います。
「派遣の無期雇用ってなに?」
「普通の派遣との違いは?」
この記事は、こうした方に向けて、無期雇用派遣の解説をしています。
無期雇用のメリット・デメリットも解説してきます。

□無期雇用派遣とは

簡単に言うと、派遣会社と期間を設定せずに雇用契約を結ぶことです。
普通の派遣の場合は、雇用関係が成立するのは派遣先企業で仕事をし始めた時です。
そして、派遣契約が終わるのと同時に派遣会社との契約も終わります。
つまり、派遣会社との雇用契約期間が決まっている、期限がある働き方です。
それに対し、無期派遣雇用は契約期間に関係なく、派遣会社に採用された時点で雇用関係が成立します。

 

□無期雇用のメリット

無期雇用がなにか分かったところで、そのメリットを見ていきましょう。

*収入がなくなる時期がない

無期雇用派遣の一番の利点は、給料が0になる時期がないことです。
たとえ、派遣先が決まっていない待機期間と呼ばれる間も、決められた額の収入を得られます。
対して、有期の派遣雇用では、待機期間中に給料が支払われることはありません。
収入が0になる時がないということは、経済的にはもちろん精神的にも安心感が大きいのではないでしょうか。

 

*福利厚生が使いやすくなる

正社員と同様に、各社が設けている福利厚生をより使いやすくなります。
各種手当・フィットネスクラブ割引・ベビーシッター割引サービスといった、その会社独自の福利厚生も受けられます。
通常の派遣社員の場合、こうした福利厚生は、派遣先の顔色を気にするあまり、なかなか申請できないという方が多いのです。

*同じ職場で、長い間働ける

実は、労働者派遣法によって、派遣社員は同じ職場で三年間以上勤務できないと決められています。
しかし、無期雇用派遣で働くと、制限を受けずに長期間働けます。
一定の収入が確保されており、ある程度雇用の安定が確保されているからです。
同じ職場で働き続けられることには、その職場でのスキルが向上するという利点があります。
また、三年までという期間制限がある普通の派遣社員と違い、ずっと働いてくれる無期雇用派遣社員のほうが、派遣先企業もさまざまな仕事を任せやすいのです。
そのため、仕事の幅が広がる可能性が高く、長期的に見てよりよいキャリアを積むことができます。

*月給制になる

普通の派遣社員は時給で給料が支払われるのに対し、無期雇用派遣では、給与が月給制になります。
また、通常の派遣では受け取ることができなかったボーナスも、一か月分が年二回支給されます。
さらに有給休暇も使え、残業代も出ます。

□無期雇用派遣のデメリット

無期雇用派遣には、多くのメリットがあることが分かりました。
しかし、デメリットもあることも事実です。

*派遣先企業を選べない

普通の派遣で仕事をするメリットのひとつに、「希望の職場で働ける」ことがあると思います。
しかし、無期雇用派遣の場合は、働きたい会社や場所を選ぶことができません。
希望とは違う企業・業種だとしても、派遣会社が指定した会社で働く必要があります。

*採用試験や面接がある

普通の派遣と違い、選考や面接があります。
応募した全員が合格できるわけではなく、一部の人しか採用されないのが事実です。
派遣会社は、無期雇用派遣社員に毎月給料を払わなければなりません。
そのため、どんな職場でも即戦力で働くことのできる人材が求められています。

□まとめ

無期雇用派遣という制度には、派遣社員にはない多くの利点があります。
その反面、欠点があることも事実です。
どちらの働き方を選ぶか、慎重に選んでみてはいかがでしょうか。
現代は、働き方が多様化しています。
自分のキャリアアップやライフプランに合った働き方を考えてみましょう。

 

 

注目のお仕事はコチラ!

しごとアルテLINE@はコチラ!

関連記事

  1. 外国人の方、必見!日本での仕事の探し方
  2. 製造系で稼ぎたい人必見!! 企業別の難易度に合わせて転職しましょ…
  3. どんなに高い壁も協力すれば超えられる!! 人の可能性を伝える経営…
  4. 工場での派遣を考えている女性の皆さんへ!女性の労働環境について解…
  5. 経営理念 人の心を大切にする経営
  6. 楽しく働くにはどうすればいい?秘訣をお伝えします!
  7. 時間やお金がかからない!?Web面接のメリットについて!
  8. 仕事とプライベートを両立させるには?詳しく解説します!
PAGE TOP