キャリア

明日から気楽に!仕事のストレスとの上手な付き合い方をご紹介!

「どうすれば、仕事でストレスが溜まらなくなるのだろう?」
「仕事のストレスとの付き合い方を知りたい!」
派遣のお仕事をされている方の中には、仕事のストレスでお悩みの方もいらっしゃるかと思います。
長く働き続けるためには、仕事のストレスと上手く付き合っていくことが非常に重要です。
そこで、今回は仕事のストレスとの上手な付き合い方についてご紹介します。

 

□よくあるストレス

仕事のストレスには、様々なものがあるかと思いますが、まずは自分が何に対してストレスを感じているのか知るということが大切です。
派遣で働く方が感じる主なストレスとその原因についてご紹介します。

 

*人間関係によるストレス

多くの人が仕事で感じているのが、人間関係によるストレスではないでしょうか。
会社で働く上では、日々、様々な人と関わる必要があります。
理不尽に説教をしてくる上司や無理な要求を突きつけてくる取引先など、人間関係による悩みは尽きません。
なんとなく抱えているストレスは、よく考えてみると人間関係の中で生まれたものかもしれません。

 

*騒音へのストレス

工場勤務の派遣の方は、騒音へのストレスを感じる方も多いかと思います。
工場では、金属を切断する音や何かの発信音といった騒音が毎日のように耳に入ってきます。
人は思っているよりも騒音にストレスを感じやすい生き物なので、知らないうちに騒音が原因でストレスを抱えているかもしれません。

 

*業務内容へのストレス

部品の組み立て作業や確認作業のように、単純な作業内容に嫌気が差しストレスを感じる人も少なくありません。
初めは新鮮でストレスを感じていなかったとしても、長期間働く間にやりがいや楽しさを感じなくなる方もいるようです。
仕事に行くのが楽しくないと感じる方は、業務内容自体にストレスを感じているのかもしれません。

 

□ストレスとの上手な付き合い方

働く上では、多少なりともストレスを感じてしまうものです。
そのため、感じたストレスを溜め込まないことが重要です。
ここでは、ストレスと上手く付き合う方法をいくつかご紹介します。

 

*家族や友人と話す

周りの人々とコミュニケーションをとることは、思っているよりもストレス解消に繋がります。
仕事での不満や愚痴を話すことには、主に二つのメリットがあります。
一つは、言葉にして口から出すことで、心の中のモヤモヤを整理できることです。
ストレスの要因を整理して話すだけでも、気が楽になります。
もう一つは、共感してもらうことで、安心感が増すことです。
周囲の家族や友人は、仕事での愚痴や不満を話すと必ず、親身になって話を聞いてくれるでしょう。
さらに、話に共感し自分の判断や行動が間違いでないことを再度認識させてくれるはずです。
このようなやり取りを通して、安心感が増すのではないでしょうか。

 

*体を動かす

休日にスポーツやランニングの時間を設けて、体を動かすのもストレス解消に繋がります。
日頃抱えるストレスを発散するかのように、全力で運動を楽しみましょう。
全力で体を動かした後は、達成感や爽快感でストレスは解消されているでしょう。
日常の仕事の辛さから抜け出し、非日常を感じることは非常におすすめのストレス解消法です。

 

*専門家に相談する

仕事のストレスは、家族や友人が相手であっても、気軽に話すことは難しいかもしれません。
そのような場合は、躊躇せずに心理カウンセラーや地域の総合労働相談コーナーの担当者に相談してみましょう。
これまで多くの相談に答えてきた経験と実績が豊富であるため、信頼して相談できます。
身の回りに相談相手がいなくても、一人で抱え込まず専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

今回は、仕事のストレスとの上手な付き合い方についてご紹介しました。
ストレスと上手く付き合うには、ストレスの要因を認識することが重要です。
その上で、自分に合った方法でストレスと上手く付き合っていきましょう。

 

 

注目のお仕事はコチラ!

しごとアルテLINE@はコチラ!

関連記事

  1. 無期雇用の方が産休を取りやすい?派遣社員の産休事情を徹底解説!
…
  2. 社内の評価は経営理念でわかる!! 勤める前に知ってほしい経営理念…
  3. 【どう違う?】派遣社員と契約社員の雇用上の違いを解説!
  4. 無期雇用が増える?|知っておきたい「平成30年問題」とは?
  5. 知っておきたい!無期雇用に転換するためには、どのような準備が必要…
  6. 工場勤務は安定している!現場の雰囲気って実際どうなの?
  7. 仕事と家庭の両立を目指そう!両立のためのポイント
  8. 働くモチベーションを上げるにはどうすればよい?皆さんの喜びとは何…
PAGE TOP