キャリア

工場で派遣勤務をする方の年齢層は一体どれくらいなの?

「派遣会社に興味はあるけれど、工場勤務になればどんな年齢層の方が中心でお仕事をしているのだろうか?」
「年齢層が、自分と近くなければ不安だなぁ。」

こういったお悩みを抱えていらっしゃいませんか?
初めての仕事場に行く前は、どんな方でも不安でいっぱいなことでしょう。
仕事だけでなく、仕事場の環境や人間関係に慣れるまでは時間がかかるものです。
工場勤務を検討されている方は、他の業界に比べれば派遣の方が多いです。
しかし、その環境になじめるのか、もっと言えば年齢層は自分と近いのかがとても気になってくることでしょう。
そこで今回は、派遣で工場勤務を検討中の方へ、実際に工場に勤務されている派遣の方の年齢層についてご紹介します。

 

□工場で派遣勤務をする方の年齢層

 

まず始めに「工場勤務には年齢制限が設けられている場合がある」ことをお伝えします。
例えば自動車工場などのような力の必要な仕事であれば、力、体力ともに若者の方がどうしても優勢になるため、年齢制限を設けざるを得ないのです。
職種によって異なりますが、おおよそ30〜40代が基準です。
これに従い、派遣で工場勤務の方の年齢層は30〜40代になる傾向があります。
また最近では、昔ほど正社員として雇う枠がなくなりつつある影響によって、全体的に若者が派遣会社で占める割合が大きくなっています。
上記の理由から、工場勤務の年齢層が、これから20代にシフトしつつある状況にあると言えます。
同級生に会える可能性も高まってきましたので、モチベーションを保ちやすいと言えるでしょう。

 

□50代であれば、工場勤務は絶望的なのか?

 

50代であれば、身体を壊してしまうことや長い期間働けない点を踏まえ、断られる可能性はやはり高まります。
とは言え、体力に自信がない方でも職種や仕事内容によっては、勤務可能な工場が多数あることも事実です。
志望動機や今まで経験したことの内容と仕事内容との結びつき、持っているスキルや資格など、アピールポイントを増やしつつ仕事を探せば可能性は大いにありますので、悲観的になる必要はありません。
社会人として当然ではありますが、以下の点を特に意識しておきましょう。

 

*面接時のマナー(入室や退室など)や明確な志望動機

 

今まで、推薦入試を受けたことがある方や就職活動を経験した方であれば、おおよその雰囲気が掴めると思いますが、面接するときには基礎知識とも言えるルールが存在します。
入室時のノックやドアの開け閉め、イスの座り方や退室の仕方など、面接するときの決められたルールをきちんと守れるかどうかも評価される可能性があります。
ここでしっかりと謙虚な姿勢を見せて、納得してもらいましょう。
そのための頑張りどころとも言えます。

 

*5分前に指定された場所に到着するだけでなく、準備も万全にする

 

子供の頃から、友達との約束で時間をきちんと守っていなかった方は要注意です。
友達との約束と同じ感覚では、社会に通用しません。
5分前には到着するだけでなく、呼吸も身だしなみも整え、面接で話す内容も頭の中で整理しておけるほど時間にゆとりを持つとさらに好感度が高まります。
面接官は、待合室もチェックしていることがありますので注意が必要です。

 

*緊急事態にはきちんと連絡する

 

交通機関が停止したり、家族に緊急事態が生じるなどのトラブルが生じたりした場合、すぐに連絡をしましょう。
現在はスマホが普及してより連絡しやすくなりましたが、一部ではアルバイト先などに断りの言葉を伝えることなく、突然来なくなるなど、連絡をきちんしないことがあります。
年齢問わずきちんと重要な連絡をマメに取れることは、常識ではありつつもできる人は評価されやすいです。

 

*大きな声できちんとあいさつをし、姿勢良く、ハキハキと答える

 

あいさつは基本的なことですが、恥ずかしがらずにきちんとできる方はとても少ないです。
きちんと大きな声であいさつができるだけで、とても好印象を抱いてもらいやすくなります。
また面接官に言葉を伝えるとき、背筋を伸ばして姿勢を正し、ハキハキと答えましょう。
せっかくいいことを話していても、声が小さければ説得力が半減します。

 

*清潔感のある身だしなみや服装をきちんと整える

 

スーツであれば裾や襟がきちんと正されているか、紐がほつれていないか、ネクタイは不自然ではなくきちんとしまっているかなど、清潔感のある身だしなみや服装は第一印象を大きく左右します。
よくない第一印象を与えないように、念入りにチェックしておきましょう。

 

*仕事内容を事前にホームページなどで可能な限り調べておく

 

時間があればですが、仕事内容を調べてみましょう。
面接のときにもし聞かれた場合、きちんと答えられるかどうかはやる気を見るポイントとして考慮されるでしょう。

 

□これからの将来が不安な方へ

 

派遣会社であれば、どうしても安定性に対する不安は拭えないでしょう。
そんな方には無期雇用をおすすめします。
無期雇用であれば、一度見つけた仕事を突然失う可能性は低く、失ってもしばらくは手当が出るので、明日食べるご飯の心配は必要ありません。

 

□まとめ

 

今回は、派遣で工場勤務を検討中の方へ、実際に工場に勤務されている派遣の方の年齢層についてご紹介しました。
年齢層は若者にシフトしつつある現状ですが、職種によって異なります。
工場でやりたいことが明確に見えていれば、一度派遣会社の担当者に相談してみるのもいいでしょう。

 

 

注目のお仕事はコチラ!

しごとアルテLINE@はコチラ!

関連記事

  1. 時間やお金がかからない!?Web面接のメリットについて!
  2. 仕事と家庭の両立を目指そう!両立のためのポイント
  3. フジアルテが今日まで発展してきた理由は経営理念にある!! 組織と…
  4. ストレスが少ない働き方がしたい!そんな仕事をご紹介します
  5. 派遣労働|工場勤務はしんどくて稼げないは嘘?安定している業種は?…
  6. 「30代」や「未経験者」でも工場勤務に転職することって可能なの?…
  7. 製造系での勤務を経験したことがない人も正社員になれる!! 中小企…
  8. パラレルキャリアってなに?副業をとの違いをわかりやすく解説!
PAGE TOP