キャリア

工場で働く人の服装は?工場派遣で気になる服装について

新しい職場で気になることの一つが、服装についてですよね。
仕事中の服装は一日のうち長い時間着ます。

そのため、どんな服装をして働くのか、予め知っておきたくはありませんか?
今回は、工場派遣での服装について、業界ごとにご紹介します!

 

□工場での服装とは

工場では、制服が支給されてそれを着るという形になります。
しかし、そのスタイルは業界ごとに様々で、一概にいうことはできません。
業界によって、どんな制服が支給されるのか、何を自前で用意しなければいけないかが違います。
業界ごとの制服を観る前に、まず制服がなぜ必要なのかを一度考えてみましょう。

 

*作業のしやすさ

工場では体を動かして作業することが多いです。
そのため、作業のしやすさは業務の効率に大きく関わってきます。
動きやすい服装として、すっきりとしたデザインであることが多いです。
素材も、安全性に問題がなければ柔らかなものを使い、可動域の大きいものであることが多いです。

 

*安全性

工場は、一歩間違えると危険な機械を使うこともあります。
そのため、服装による事故が起きないように工夫されています。
例えば、ひらひらした素材などは巻き込まれ事故につながる恐れがあります。
そのため、工場での服は装飾を抑えたものが多いです。
また、服装ではありませんが、髪の毛が長い人はまとめるなどの指示があることもあります。

 

*衛生面

特に食品工場などで言えることですが、衛生的な服装が必要なケースもあります。
その場合、頭髪が落ちないように帽子を被ったり、ほこりがつかないような加工がされている服を着たりします。
靴や白衣を支給されることもあります。
支給されたものは、持ち出しができないケースも多いです。

 

□業界ごとの服装

では、具体的にそれぞれの業界ではどんな服装なのか見ていきましょう。
ここでは、食品工場、自動車工場、精密機器工場、化学工場の4つを取り上げました。

 

*食品工場の服装

食品工場では衛生面が特に重視されます。
また、頭を覆う帽子や、ヘアーネットを着用することが多いです。
食品工場の場合、靴が支給されることもありますが、業種によっては自前の場合もあります。

 

*自動車工場の服装

自動車工場では、安全性メインの服装が考えられます。
そのため、安全靴や帽子、エプロンなどが支給されます。
作業着を支給する場合もありますが、パンツやシャツなどは一定の規則内で自由というところもあります。
安全性に問題がないような、ジーンズやチノパンツが推奨されます。
会社によって規則は異なるので、気になったら確認してみましょう。

 

*精密機器工場の服装

ほこりや静電気が発生すると、製品の質が落ちたり不良品が発生してしまいます。
そのため、特殊な加工を施した作業着を着用するケースがあります。
手袋など小物類も支給されることが多く、少し特殊な制服の類と言えるかもしれません。

 

*化学工場の服装

化学工場では、主に防護服がメインになります。
これはどちらかというと、身の安全を守るための服装になります。
また、可燃性のものを扱う工場では静電気が火災の原因になることもあります。
それを防ぐために、静電気防止の加工が施されている場合もあります。
いずれにせよ、個人で用意するのは難しいので、支給されると考えてよいでしょう。

 

□まとめ

工場の服装は、必要なものは支給されます。
そのため、自分で何か用意しなければいけないということはほとんどありません。
毎日の服装を考える必要がないのは、人によっては嬉しいかもしれませんね。
支給された服装は正しく着ることが大切です。
これは、工場の服装にはしっかりとした意味があり、製品の質や自分の安全を守るために必要だからです。
服装についてよく理解して、安全に働けるといいですね。

 

 

工場のお仕事探すなら「しごとアルテ」

しごとアルテLINE@はコチラ!

関連記事

  1. 「働くモチベーション上がらない」その原因とは|企業の仕事への考え…
  2. 製造系勤務で経験を積むならベンチャー企業がオススメ!! 製造業ベ…
  3. 無期雇用派遣、そのメリットとデメリットをご紹介!
  4. 「物心両面の幸せ」を追求するには?当社の経営理念をご紹介
  5. 工場での働き方|不正をするような企業を避ける方法はある?
  6. これを読めばわかる!工場勤務の正社員のあれこれ徹底解説
  7. よく見る工場の求人って未経験でも大丈夫?
  8. 結局どっちがいいの?有期雇用と無期雇用の違いについて解説
PAGE TOP