キャリア

働き先を決める前に確認!派遣とパートの違いはなに?

世の中の雇用形態は、いくつかの種類がありますよね。
正社員やアルバイトは身近ですが、派遣やパートとなると、意味や違いが分からない方も多いのではないでしょうか。
しかし、それぞれには雇用条件や仕事の裁量に違いがあるので、働く先を決める前に違いを確認しておくと安心です。
そこで今回は、派遣とパートの違いについてご紹介します。

 

□派遣とパートの違いを項目ごとに比較

 

*雇用主の違い

両者は、雇用主が異なっています。
派遣社員は派遣会社が雇用主であり、勤め先は関係ありません。
あくまで、「派遣会社に登録した人材が、派遣先の会社に来た」という扱いだからです。
対して、パート社員は勤め先が雇用主になります。

 

*契約期間の違い

派遣社員は、派遣先の企業で働く期間に明確な決まりがあります。
契約を結ぶときに書かれた期間以上の業務は、派遣先の企業が更新を受諾しない限りはできません。

対してパートの場合は明確な期間はなく、過失等がなければ書類を更新し続ける限り働けます。

 

*業務範囲の違い

業務範囲にも違いがあります。
派遣社員には、こなせる業務に制限がつけられています。
その理由は二点あり、一つめはそもそも派遣という形態でやってはいけない業務があるためです。
警備などの仕事は、派遣社員が行ってはいけません。

もう一点は、派遣社員は契約を結ぶ際に、書類に書いてある業務を確認しますが、書類に書いてある業務以外をやってはいけないルールがあるためです。
たとえ優秀でも、裁量が増えることはありません。

一方パートは、正社員と比べると業務範囲は狭いですが、会社側が認めてくれれば様々な業務にチャレンジできます。

 

*給料面

派遣とパートには、給料面での違いもあります。
一般的に、派遣社員の方が給料が高くなっています。

これは、パートは特別な技術があまり求められないのに対し、派遣は最初から決まった技術を求められる傾向があるためです。
例えば、契約条件としてパソコンのスキルや専門的な資格などを必要とされます。
高度な資格やスキルを持っている方が、給料は高くなります。

 

*相談

相談とは、問題が起きた際に誰に相談するか、という意味です。
実は、ここにも両者の違いがあります。

派遣社員の場合、雇用主はあくまで派遣会社なので、派遣先で問題が起きても、まずは派遣会社に相談する必要があります。
このように派遣会社を通して、派遣先企業への注文や依頼、交渉を行います。

対してパートは、直接企業に意見を訴えられます。

 

*仕事の見つけ方

仕事の見つけ方にも違いがあります。
両者とも長期間の雇用を前提としないことが多いので、いずれは新たな仕事先を見つけなければなりませんよね。
その時、派遣社員であれば、派遣会社が次の会社を見つけてくれます。
自分の希望する仕事内容や勤務時間、休日を伝えるだけで、マッチした企業を紹介してもらえるのです。

一方パートの場合、全てが自己責任になります。
次にどんな仕事に就くか、条件や勤務場所も自分で考えなければならないので、見つけるのに時間がかかるかもしれません。
ただし、自由な分選択肢は多いと言えますね。

 

□派遣とパートどっちが良いの?

 

両者には違いがありますが、一概にどちらが良いかを決めることはできません。
自分の働き方に応じて、どちらの形態にするかを決めましょう。

例えば、自分が専門的なスキルを持っているのであれば派遣社員の方が良いかもしれませんし、いろいろな仕事を任されたいのであれば、パートの方が自由が効きやすいです。

 

□まとめ

 

派遣社員とパート社員の違いについてご紹介しました。
両者には、雇用主・期間・業務・給料・相談先・仕事の見つけ方に違いが見られます。

どちらかが優れているという訳ではないので、自分の思う働き方に合った形態を選びましょう。

 

 

注目のお仕事はコチラ!

しごとアルテLINE@はコチラ!

関連記事

  1. どんなに高い壁も協力すれば超えられる!! 人の可能性を伝える経営…
  2. 工場の求人に書いてある未経験者歓迎って本当? その理由をお伝えし…
  3. 経営理念 人の心を大切にする経営
  4. 「物心両面の幸せ」を追求するには?当社の経営理念をご紹介
  5. モチベーションが上がらない!自分に合った働き方を見つけるためには…
  6. 働き方に関するよくある悩み4つと、その解決策をご紹介!
  7. パラレルキャリアって何?パラレルキャリアと副業の違いを紹介!
  8. 定年退職後のキャリア!無期雇用は定年が関係する?
PAGE TOP