キャリア

企業選びで悩んでいる方必見|フジアルテの「経営理念」を参考にしてみよう!

皆さんの中にも、どのような企業に就職しようかと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、最近は企業の不祥事も多く、本当にこの企業に就職して後悔はしないのかと不安に思っている方もいらっしゃると思います。

そんな時に確認しておきたいのが、「経営理念」になります。

経営理念には、その企業の仕事への考え方が書かれているので、働き先でお悩みを抱えている方も参考にしてみると良いでしょう。

 

しかし、実際にどのような経営理念があるのか知らないという方も多くいらっしゃると思います。

そこで今回は、フジアルテの経営理念を参考にして、実際にどのような経営理念があるのかを解説していきます。

 

□経営理念を企業選びに役立てよう!

 

企業選びの際に、給料面や休みはあるのかなどばかりを気にしてしまい、企業が考えていることをあまり理解していないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

一方で、ニュースや新聞で見る企業の不祥事で不安を抱えてしまい、慎重になっているという方もいらっしゃるでしょう。

そのようなお悩みを解決するために「経営理念」を事前に確認することは重要になってきます。

では、経営理念にはどのようなことがかかれているのか、フジアルテの経営理念を参考にして、いくつか挙げてみたいと思います。

 

*「善悪で判断する」

 

物事を判断するときは、損得ではなく善悪を基準に考えることが大切です。

このことは、当たり前で簡単な事のように思われますが、常に実行することは、なかなか難しいものです。

たとえば、とても急いでいるときに、人を押しのけて我先にと電車に乗り込む行為。

これは、自分にとって都合がよいのか悪いのか、損か得かで判断しています。

ちょっとしたことのようにも思えますが、それが万事なのです。

私たちの経営においても、業界や過去の常識にとらわれていたり、お客様との関係に悩むことがあります。その時に、自分たちにとって都合がよいのかどうかではなく、「人間として何が正しいのか」ということを判断の基準にすることです。

それが善悪で判断するということです。

私たちが判断をする時は、それが難しい判断であればあるほど、道徳的に正しく、人から支持されることなのか、人の道に外れていないのか、と考えれば迷うことはありません。

 

*「ガラス張りの経営を実現する」

 

ガラス張りの経営とは、会社の隅々までよく見える状態にすることであり、言い換えれば、公明正大にオープンな経営をすることです。

会社の状況を皆が理解し、立場や役職に関係なく、全員が「自分たちの会社」という思いで参画できる経営です。

これは、経営数字を公開するというだけでなく、会社全体や部門の方針と目標、またそれを実現するための考え方や価値基準をオープンにし、繰り返していくことも意味します。それらを通して、お互いの心もオープンになり、思いを共有することができるのです。

そのような組織風土を作る上では、上下の関係を越えたパートナーの関係を気付き、上司と部下が相互に報告・連絡・相談を行い、情報を共有していくことも大切です。

フジアルテでは、このようなガラス張りの経営を通して、社内のモラルを高め、風通しの良いオープンな風土を築き、健全な会社や人づくりを実現していくことを目指しているのです。

 

以上が挙げられます。

やはり、企業というものは利益を生まなければならないので損得ばかりを考えがちですが、どのような場面でも善悪で判断することが重要となってきます。

また、同じ会社で働いているのに、自分だけ会社の状況を理解していないと不安を感じてしまいますよね。

しかし、経営方針や考え方をオープンにすることで、信頼関係が構築され、気持ちよく仕事ができるでしょう。

 

□最後に

 

今回は、フジアルテの経営理念を参考にして、実際にどのような経営理念があるのかを解説していきました。

もし、企業選びで悩んでいるという方は、「経営理念」を参考にしてみてくださいね。

 

 

工場のお仕事探すなら「しごとアルテ」

しごとアルテLINE@はコチラ!

関連記事

  1. 派遣勤務における女性の働きやすさは?徹底解説します!
  2. 企業が順守すべき経営の取り組み方!! 自分の企業はどうか確認して…
  3. 仕事はチームワーク!仲間との関係構築の重要性について
  4. 派遣社員が無期雇用になった!正社員や有期雇用と待遇を比較!
  5. もう迷わなくて済む!収入が安定しやすい工場勤務と収入が安定しにく…
  6. 無期雇用派遣で昇給する可能性ってあるの? 無期雇用派遣の実態を知…
  7. ストレスが少ない仕事ランキングをご紹介します|働き方を考えよう!…
  8. 複業のしやすさを重視するなら派遣もおすすめ
PAGE TOP