キャリア

仕事と家庭の両立を目指そう!両立のためのポイント

「家事や育児が大変」

「家族と過ごす時間を大切にしたい」

仕事と家庭の両立についてお悩みの方も多いと思われます。

仕事でも家庭でも様々な役割を求められ、しんどいときもありますよね。

今回の記事では、仕事と家庭の両立のポイントについてお伝えします。

 

 

□仕事と家庭、両立のポイント

*仕事の方法を工夫する

仕事と家庭を両立するためには時間的・精神的な余裕を持つことが必要です。

仕事にあらかじめ段取りをつけておく、やるべきことはその日の内に終わらせるなど初歩的な工夫でも時間的・精神的に余裕が生まれます。

また仕事場でのチームワークを生かして業務の適切な割り振り、情報共有の可視化・制度化なども有効です。

チームで仕事を分担することで家庭と両立できる仕事量にしましょう。

 

 

*家庭においても周囲の協力を得る

家庭との両立を考えると、仕事における周囲の協力はもちろん大切です。

同様に、家庭における協力も重視しましょう。

例えば夫婦共働きの際、祖父母の協力を得る家庭も多いです。

またどちらか一方に負担が偏らないよう、夫婦お互いが配慮し柔軟に助け合うことも必要です。

家事を押し付け合い、まかせっきりにしていないか振り返ってみましょう。

そして家事に関しても、完璧主義をやめましょう。

家事全てを完璧にこなそうとする必要はありません。

多少のいい加減さ、人の手を借りることも大切です。

夫婦お互いが助け合い、心の余裕を持つように意識してください。

 

 

*会社の両立支援制度を利用する

早出遅出勤務、フレックスタイム制、短時間勤務制度、在宅勤務制度、ノー残業デーなどをよく耳にするようになりました。

このような仕事と家庭を両立するための制度を会社が整えている場合もあります。

しかし、制度を把握するだけでなく活用しなければ意味がありません。

制度について把握し、時には上司に相談したりして遠慮せずに活用しましょう。

 

 

*育児休業を利用する

育児休業は法律に基づき整備されている公的な制度です。

そして一定の条件を満たせば育児休業給付金を受け取ることができます。

特に子供が幼い場合は育児に専念したいと思うのが普通でしょう。

また子育てにはお金がかかるので活用しない手はありません。

ぜひ育児休業を利用し、子育てだけに専念できる期間をつくりましょう。

 

 

*残業時間を考慮した仕事選びをする

世間では「働き方改革」が叫ばれて久しいですね。

残業時間が長い職場もまだまだ多く存在しています。

また職種によっては残業が当たり前な仕事もあります。

仕事選びの際には、労働条件の適切性について必ず調べましょう。

特に子育て中や遠隔地にお住まいの方にとって、残業や休日出勤の少ない会社を探すことは重要になります。

 

 

*派遣社員として働く

派遣社員は家事や子育てと両立しやすい面があります。

理由としてはまず、派遣社員は基本的に残業がありません。

(残業が発生している場合はすぐに派遣会社に相談しましょう)

また勤務時間の融通が利きやすく、派遣先との労働条件の交渉もしやすいです。

このように派遣労働では自分の希望条件が言いやすい環境にあります。

したがって他の働き方よりもライフスタイルに合わせやすいです。

家庭をより重視したい方は派遣社員として働く選択肢を考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

□まとめ

家庭と仕事を両立するためには様々な工夫、自分に合った働き方を考えましょう。

また両立制度について把握し、活用できることも非常に重要です。

家庭と仕事、どちらも決して疎かにできないものです。

両立に向けてしっかり対策していきましょう。

 

当社では製造業の派遣業務を多数ご紹介しています。

家庭と両立しやすい仕事をお探しの方は、ぜひお気軽に当社にご登録ください。

 

 

工場のお仕事探すなら「しごとアルテ」

しごとアルテLINE@はコチラ!

関連記事

  1. 理念採用には創業の精神を知ることから!! フジアルテにおける創業…
  2. ストレスが少ない働き方がしたい!そんな仕事をご紹介します
  3. 仕事とプライベートを両立するには?バランスよく働くために!
  4. 工場での派遣を考えている女性の皆さんへ!女性の労働環境について解…
  5. 派遣における「面接」「顔合わせ」、違いはあるのか
  6. やっぱり気になる!工場勤務の派遣で稼げるって本当なの?
  7. ストレスの少ない働き方を見つけましょう!
  8. 仕事とプライベートはいかに両立するか?考え方をご紹介します!
PAGE TOP